山口弘美のチューニングセラピー

心と身体の美を追求するセラピスト

山口弘美のチューニングセラピー -プロフィール-

山口弘美のチューニングセラピー -プロフィール-

NEXT »

家計を支えるために
夢をあきらめて就職の道へ

私がエステティックの世界に入ったのは、今思えば最愛の父が脳腫瘍で倒れたことが大きなきっかけだったように思います。それは私がまだ19歳で、養護教諭になることを目指して専門学校に通っていた頃のこと。幼い頃から目の中に入れても痛くないというほど父に可愛がられて育ち、成長してもなお自他ともに認める父親っ子だった私は、父の生死を分ける一大事を目の前にして、学業どころではなくなってしまいました。
また日を追ううちに、今度はだんだん家計のことが心配になりはじめました。一家の大黒柱だった父が働けないという状態がこのまま続けば生活が不安定になり、父だけでなく母やまだ高校生だった弟、家族全員が共倒れになってしまう。その前に私がこの状況を何とかしなければ……と。
そこで、少しでも家計の支えになるのなら、と学校をやめ、自ら進んで働きに出ることにしたのです。というのも、専業主婦の母はもともと病弱でそれまで仕事などしたことのない人でしたし、私も子供の頃からなるべく早く社会に出たい、と思っていたこともあったからです。学校をやめたのは、私の通っていた看護学校が全寮制で、そこにいる限り父の側で面倒をみることができない、というのも大きな理由でした。
そういうわけで、私はさっそく就職活動へ。いくつかの選択肢のなかから決まった職場は美容院で、国家資格試験のある美容師見習いとして働くことになりました。先々に役立つよう手に職をつけることができ、かつ実践しながら少しでもお給料がいただける。そんな当時の私には願ってもないお仕事だったからです。もちろん、高校生くらいの頃から、ファッションやヘアメイクといった華やかな世界への憧れがあったことも決め手でした。
そんな憧れの世界に対する好奇心や家族を支えたいという思いは、私を仕事に打ち込ませる大きな原動力となり、私は日を追うごとに働くことが楽しくて仕方がなくなっていきました。やがて働き始めてから約2年が経ったころ、さらに女性の美を磨く技術を究めたいという欲が出はじめ、ヘアメイクだけではなく念願のエステティックも学ぼうと、業界の最大手のひとつであるTBCへと転職することに。この頃には父の具合もすっかり回復していたので、心おきなく自分自身のやりたいことに向かって突き進んでいくことができたのです。

NEXT »